クレジットカードに付帯できる保険サービス

クレジットカードには、様々な保険が付帯されていることが多いものです。海外旅行保険が付帯されていると言うイメージは一般的にも強いと思いますが、カード会社によっては、更に細かな種類の保険を選択して付帯できるようになっていることもあり、家族構成や生活内容に合わせた補償が手軽に獲得できるのです。今持っているクレジットカードの中に、怪我や住まいに対する保険が付帯できるサービスを持つカードがあります。分類は細かく分かれていて、必要なプランだけを選んで付帯することが出来る便利なサービスです。カバー範囲の広い保険は確かに便利ですが、その分保険料も大きくなってしまう一面もあります。一般的な保険商品と異なり、こうしたクレジットカードに付帯される保険は比較的コンパクトなので、ちょっと補償を手厚くしておきたい部分だけを選べるのはとても便利です。

クレジットカードの利便性や選び方

最近は発行すればすぐに数千円分相当のポイントが貰えたり、年会費や入会費などが一切掛からないといったクレジットカードも増えてきています。クレジットカードを選ぶなら、維持費があまり掛からぬものを選んだり、自分が使う頻度が多いサービスやお店で良い特典や割引を楽しめるカードを選んでおくと便利です。私がクレジットカードを持ってよかったと感じる点は、ネット通販を気軽に楽しめる点です。以前は代金引換をする手間や数百円の手数料に気が引けて、あまり通販を使わなかったのですが、クレジットカードがあれば代金引換手数料や銀行振込の手間などとも一切無縁で、思い立った時に非常に気軽にネットショッピングを行い、支払いを済ませられます。クレジットカードは分割払いもできるので、高額なショッピングを行いたい時も、無理なく自分のペースでマイペースに少額ずつ支払って買い物を行えます。

クレジットカードの審査についての初歩的なこと

クレジットカードを申し込む際には必ず審査が必要になってきます。非常に便利な分、きっちりとした金銭管理ができる人間でないと使用することはできないのは至極まっとうな理由ですね。利用する側としても個人情報を預けるわけですし、お互いがお互いを信用し、信頼できることが必要なのはわかりやすいことだと思います。
そんなクレジットカードの審査ですが、はじめてだから審査に落ちてしまうかもしれないと不安に思う方や、実際に審査に落ちてしまった方というのもいらっしゃるのだと思います。カード会社はたくさんありますが、基本的な注意事項は共通している場合もあります。自分が申し込みたいカード会社について詳しく知ることがまずは大事なことだと言えます。
と、いうのも自分が審査基準を満たしているかどうか意外と気にしていないことがあるからです。クレジットカードによっては年齢制限があったり、学生限定、女性限定といったものも存在しています。それらの初歩中の初歩とも言える基準を満たしていないと通るものも通りません。
その他にはやはり年収や安定した収入があること、ブラックリストに載っていないことなど様々な要素があります。しかし申込書を綺麗に、しっかりと空欄なく記述するといったことでも審査に通りやすくなると言われているので、気をつけてみると良いと思います。

大都市では使えても、地方では使えない場合も

クレジットカード決済は、大都市では普及していますが、地方ではクレジットカードが使えるお店が多くはありません。以前東京に暮らしていて、あまり現金を持ち歩かない主義でいましたが、現金を持ち歩かない主義ができたのはクレジットカードのおかげです。一方地方ではクレジットカードが使えない飲食店、タクシー、小売店があるので、利用するのに、事前確認が必要です。「クレジットカード決済できますか」と必ず事前確認するようにしています。大都市では、クレジットカード手数料を代金転化できたり、必要コストとして認知されていますが、地方ではまだそうではありません。クレジットカード決済ができれば利用した地方の飲食店、乗ろうと思ったタクシー、商品購入をしようと思った小売店。売上拡大のためにも、地方でクレジットカード決済ができるお店が増えてほしいものです。

移動の手段にもクレジットカード

今はまだ私が知る中ではクレジットカード払いができる乗り物というとタクシー位しか無いのではないでしょうか。これら通勤に使用するもの、移動に使用するものは家賃の次にお金がかかるといってもいい位のものです。通勤なら通勤手当が支給されるので別に良いのですが、でもどうせならそれにポイントがつけばもって良いですよね。タクシーがいち早く適用にしてくれているので、電車やバスも適応にして欲しいと思うのですが中々難しいですかね。正直クレジットカード払いを適用する理由は手持ちが無い時、やポイントを貯めたいと思う時等でそれを目当てにその支払いができる所を選んだりしますが、電車やバスに関してはクレジットカード払いができなくても通勤なら嫌でも使用しないといけませんし、お客様がクレジットカード払いを目当てにして増減したりはしないという安定感があるのですね。なので中々適用になるのは難しいかと思いますが、クレジットカード会社からしたらこれらの電車やバスで適応できれば大幅な売上アップが期待できると思いますし消費者も喜ぶ人は喜ぶと思います。なのでもっとクレジットカード払いが適用される様に祈りたいです。

こだわりのクレジットカードの使い方

普段コンビニやスーパー、飲食店などでクレジットカードを使いますが、特定のお店では必ず現金で払うようにしています。特定のお店とは、自分がお得意様扱いされているお店です。例えば、よく利用する洋服店。わりと高額の商品ばかりですが必ず現金で支払います。なぜなら、クレジットカードの売り上げは100%のお店のものにならないからです。お店さんには、クレジットカード会社の手数料を引かれたお金が入ってきます。例えば、1万円の買い物をしたら、客としてはカードで1万円分を支払いますが、お店には手数料を引かれた9500円(例)が入ってくるのです。でも、現金で払えば1万円まるまるお店の売り上げになるのです。お世話になっているお店さんなので、できるだけ損をして欲しくないと思っています。ただ、そういった心遣いを、店主が気づいているかどうかはわかりません。

ポイント還元率と年会費を軸にクレジットカードを選ぶ

 クレジットカードを新規で申し込むのなら、ポイント還元率重視で申し込みをしたほうが良いです。クレジットカードのポイント還元率は思いのほか開きがあるため、適当に選んでしまっては損をします。たとえポイント還元率が高かったとしても、そのために審査が厳しくなるというわけはないので誰でも気軽に申し込めます。 ただ、そのとき気をつけなければならないのは年会費です。仮にポイント還元率が高くとも年会費があってトータルでマイナスになってしまったのでは意味がありません。年会費は無料に越したことなく、まずはその点に注目して絞り込んでいくことが大事です。つまり、クレジットカードを新規で申し込むのならポイント還元率と年会費がキーポイントになります。

クレジットカードのキャッシング枠が変化しているらしい

私がクレジットカードを利用し始めてから少し前まではクレジットカードはショッピング枠とキャッシング枠があるのが当たり前でした。ところが、最近ではキャッシング枠を設定しないクレジットカードが増えているようです。それどころかキャッシング枠の設定ができないクレジットカードもあるということです。これはどうも、2010年の貸金業法の改正が影響しているようですが、クレジットカードはショッピング枠の法律とキャッシング枠の法律とが違っているというややこしいことが原因の一つです。すなわちクレジットカードのキャッシング枠の法律は貸金業法となるということのようです。キャッシング枠を使わないという人には関係ない話ではあります。

いざというときに便利なクレジットカードのキャッシング機能について

クレジットカードというと基本的に買い物の支払い時に非常に便利なショッピング機能やそれに付与されるポイントシステム・付帯サービスなどといったものがあることで知られていますが、その他にもいざという時に助かる機能としてキャッシング枠があります。クレジットカードにおけるキャッシングは、銀行系や消費者金融系キャッシングとは違ってクレジットカードさえ所持していればそのまま利用することができるのが魅力的です。なので急な出費で借金をしなければならないような場合でも、クレジットカードを持っていれば限度額以内であればこれで対応することができます。ちなみにクレジットカードにおけるキャッシングの金利は消費者金融よりもずっと低く、中には銀行系キャッシングより少し高い程度で済むような低金利なものも存在するようです。

クレジットカードの疑問を解消しました

私は普段の買い物のときでもクレジットカードを使って支払いをしています。クレジットカードを使って買い物をするとポイントが付いてくるからです。ところで、私はクレジットカードを使いながら以前からひとつの疑問をレジットカードについて持っていました。どんな疑問かと言いますと、クレジットカード会社はどうやって利益を出しているのだろうかということです。ちょっと調べてみようと思いネットで検索してみたところ簡単にその疑問が解消されました。クレジットカード会社はクレジットカードが使えるお店から手数料を取っていて、その手数料がクレジットカードの収入となっていたのです。手数料はクレジットカードを利用している私たちが払うのではなくお店が払ってくれていることも判りました。手数料を払うお店も大変だと思いましたがお客さんを失いたくないためクレジットカードの支払いを採用しているのだそうです。調べてみていろいろなことが判って良かったと思っています。