クレジットカードの支払いを滞納したことがあります。

便利なクレジットカードを使い過ぎて、支払いができなくなって滞納したことがあります。
利用代金の引き落としができなくなると、電話がかかってきます。
そこで、支払いができないことを伝えると、今月は利子の支払いだけ行えば問題ないと対応してもらったことがあります。
その時はリボ払いの利子の5000円だけを支払って難を逃れました。
クレジットカードは本当に使いやすくて、お金がなくても買い物ができてしまうので計画を持って利用しないと、迷惑をかけてしまう事になってしまいます。
これからはクレジットカードは余裕の範囲内で使っていこうと思っています。

使えないところの多いクレジットカード

我が家のメインクレジットカードはアメリカンエキスプレスです。
世界ではとても便利なこのクレジットカードですが、日本では
まだまだ使えないところも多く、少し不便です。

先日、新しくできたユニクロでアメリカンエキスプレスを使おうと
したら、まだ登録できていないから使えないと断られました。

ネット通販でもアメリカンエキスプレスは選べないところがとても多いのです。
保証もしっかりしているし、安心して使うことができるはずの
アメリカンエキスプレスなので、もっともっと日本でも普及させて
いってほしいです。

日本での利用者数が増えると、使えるところも増えてくると
思います。たくさんの人に使ってほしいです。

テレビのコマーシャルがきっかけで作ってみたクレジットカード

テレビのコマーシャルを拝見していると、クレジットカードのコマーシャルを結構頻繁に目撃していました。実はこれまで1枚もクレジットカードを持っていなかったので、良い機会だと考えまして、作成に至ったのです。

実際に使用してみて感じたのは、クレジットカードは機能がたくさんあるということです。現金の代わりとして支払いに利用できるほか、申し込みをすれあキャッシングをすることも可能ですし、使用した金額に応じてポイントを得ることができるなど、テレビのクレジットカードのコマーシャルは、私にとって良いきっかけとなりました。

クレジットカードを使うのが怖くなることがあります

最近はネット上の様々な場面で、クレジットカードで決済が出来るようになっています。
クレジットカードなら簡単な手続きで、色々な商品やサービスを購入する事が出来ますから、とても便利でありがたいと思っています。
ですがその一方で、クレジットカードを使う事を躊躇してしまう事があります。
なぜならネット上でクレジットカードの情報を入力すると、その情報を盗んで悪用する人が居るからです。
クレジットカードは便利なだけに悪用される危険性が高く、安心して気軽に使えない事があるのです。
とはいえクレジットカードの便利な生活を味わってしまいましたから、今更やめる事はできませんから、クレジットカードが悪用されないようにセキュリティを高めてほしいと思います.

リボ払いは選択しないようにしています

クレジトカードは便利なものだと思っています。特に、ネット通販などでの決済の方法として、よく利用しています。ただし、わたしの場合、ひとつ決めていることがあります。それは、リボ払いは選択しないということです。なぜかというと、リボ払いは、金利が発生してしまうからです。結果として、出費が増えてしまうのです。また、支払いもずっと続いてしまいます。そのため、高額なものを購入する時には、まずはお金をためてから、クレジットカードで一括払いで決済するようにしています。そうすれば、金利も発生しません。そして、ポイントの恩恵も得ることができると思います。

ポイントでお得なクレジットカードについて

クレジットカードってどれをメインカードとして作るか非常に悩ましいですね。私も作る際は非常に悩みながら決めましたが、オススメなのは「楽天カード」かなと思います。

何と言ってもまずクレジットカード作成と利用で最大5,000ポイントがもらえるキャンペーンが随時走っている点です。単純に5,000円分のお買い物がただで出来ると考えればとてもお得なのが分かるかと思います。いろんなポイントがもらえるカードがありますが、やはりポイント自体の利便性が重要ですね。楽天ポイントはお買い物や旅行の際の予約にまでポイントが使えるので、まさに最強ポイントと言ってもいいかと思います。

後は審査に通りやすい点もいいかなと思います。友人の中には他は審査に落ちたければこのクレジットカードは通ったという話を聞きます。

まさにメインカードにしたいカードナンバーワンですね。

クレジットカードで変わり始めた生活

クレジットカードの使用するようになり、生活は変わり始めています。例えばこれまで現金で支払っていたところをクレジットカードで支払うようになっています。例えばコンビニやスーパーなどの日常的な買い物から、電話や公共料金などです。

このようにクレジットカードでの支払いを増やすことで、より多くのポイントを獲得できるようになりました。獲得したポイントはショッピングで利用できたり、物やサービスと交換可能だったりなど、大変活用の幅が広いです。ですから今では、どのようにすればよりポイントを獲得できるのか考えるようになりました。

クレジットカード発行時の審査が普及のネックになりそうです

私は通販で楽に決済をするためとポイントが付く事が魅力と思い、クレジットカードの発行をする事に決めました。
そして私はとある大手のクレジットカード会社に、クレジットカードを発行する為の書類を申請したのです。
ですが書類は審査を通らずに、クレジットカードを発行してはもらえなかったのです。
私の書類作りに不備があったのではないかと思い、再び書類を申請してみました。
しかしやはり申請は受理されず、クレジットカードは発行してもらえなかったのです。
実を言うと最初から審査に落ちるのではないかと思っていたのです。
なぜなら私は働いてはいる物の、収入が安定しない仕事をしているからです。
これでは審査に合格しないのではと、事前に思っていたのです。
それでも私はクレジットカードの発行を諦める事はせず、ネットで見つけた審査の甘いクレジットカード会社に書類を申請してみました。
そしたら今度は書類が審査に合格して、無事クレジットカードを発行してもらう事が出来たのです。
クレジットカード会社も支払い能力が低い人に、クレジットカードを発行したくない気持ちは分かります。
ですが審査をあまり厳しくすると、クレジットカードの普及の足かせになってしまう恐れが出てくると思います。
私は何とかクレジットカードを発行してもらえたから良いのですが、未だにクレジットカードが欲しくても審査に落ち続けている人が居ると思います。
これからさらにクレジットカードが普及していくためには、審査がネックとなってしまいそうです

クレジットカードの審査について

みなさんの中にはこれまでにクレジットカードを発行の申し込みをされた事があるかと思います。
そして、その際に中にはクレジットカードの審査に落ちたという方もいると思います。

ですが、中には自分がどうしてカードの審査に落ちたのかその理由が分からないという方もいると思います。
それはまさに以前の私もそうでした。私も以前クレジットカードの発行を申し込んだのですが、審査に落ちてクレジットカードを発行できませんでした。

最初は私はその理由が分からなかったのですが、今はその理由が分かっています。それは私が以前消費者金融と関係があったのが理由だと後になって分かりました。
つまり、カード会社としては少しでも支払い能力に疑問がある人物にカードを発行したくないというのがあるという事です。

ですから、クレジットカードの審査というのは申し込んだ人物が安定した収入があるかどうかだけが問題ではないという事です。

信用情報

クレジットカードの審査をする際に、重要な情報となるのが信用情報です。

名前、住所、持ち家かどうか、勤務先、年収、現在の借入金額などが管理されています。

これは、クレジットカードやキャッシングを申込・利用した情報が共有されています。

つまり、名前が同じでも毎回違う属性で申込みをすると信用情報と合わなくなってしまうので、

審査に通らない可能性がでてしまう。どこかで嘘をついてしまうとバレルのはこういう理由なんですね。