クレジットカードの審査のチェックポイントは

 カード会社により多少異なりますが、クレジットカードは申し込みしてからカードが届くまで大体1ヶ月程かかります。近年はネットから申し込み、提出書類を画像にしてメールに添付するといった方法を取っている会社もあるのでそういう場合はもう少し期間を短縮することが可能です。 しかし申し込みや書類提出がどれだけ手軽に出来る様になっても、クレジットカードの発行には審査や本人確認等の作業があるので、やはり即日発行などといったことは不可能だといえます。 ちなみにカード会社が審査の際に重視するポイントは安定した収入と返済能力と居住場所の確認なのだそうです。必用となるデーターは年齢と勤続年数、さらに職種や勤務先の規模と年収などを確認します。その他にも賃貸なのか持ち家なのかそのローンについてや居住年数、家族と一緒に住んでいるかなどもチェックポイントとなっています。 申し込みをした本人の書類以外にも、カード審査の際には必ず個人信用情報センターに照会を行い過去の支払い履歴もしくは借り入れの状況を確認しています。他社で借り入れをしていたり、返済が遅れている場合は当然審査の際にマイマス評価となってしまいます。 その他にも携帯電話だけより固定電話があった方が審査には有利だといわれています。

どうしてクレジットカードの審査に落ちてしまうのか?

クレジットカードは書類を出せば通ると思っている方もいいるかもしれませんが、審査には明確な基準があり、信用がないと落とされてしまいます。クレジットカードはいわは、信用があっての信用貸しの借金ですので、信用がないと作ることができません。では一体どのような部分が原因で落とされているのでしょうか?●クレジットカードで審査落ちしてしまう原因1・書類に不備があった場合クレジットカードには個人情報を記入しますが、この際自分の名前や住所・電話番号を間違って記入してしまうと、他人の成りすましと疑われ審査落ちしてしまう場合があります。変な誤解を与えないために、間違ったら修正液で消すなどのことはせず、新しい用紙に書き直すようにしましょう。2・クレジットカードを長期間持っていなかったのに、いきなり申し込みをする成人した大人がクレジットカードを持つのは当然ですが、今までずっと持っていなかったクレジットカードの申し込みをいきなり作成しようとしたり、同じ時期にカード作成審査書類を大量に出してしまうと、経済的に困窮していると疑われ、審査落ちすることがあります。3・審査基準が満たされていない書類に書かれた住所と住民票との住所が違っていたり、勤務先の会社に在籍確認ができない、給与は安定していない、家族にブラックリストに載っている人物がいる場合などは、審査落ちすることがあります。特に収入が不安定な方の場合、審査落ちは免れませんので注意しましょう。4・過去の負債がブラックリスト入りしている債務整理などで借金を整理していたり、過去に返済が滞ったことがある場合などは、個人情報機関に登録されてしまいますので、完済していた場合でも5~7年間はリストに載ることになり、削除されるまではクレジットカードもローンも組めませんので、注意しましょう。

ポイントサイトで申請落ちした体験と審査に通りやすかったカード

以前、おこづかい稼ぎになれば、と思って、ポイントサイトからクレジットカードを作ることが多かったです。その時の話で、一時大量申請した場合に、ほとんど審査で落とされたことがあります。当時はまだ会社員で、収入は安定してありました。申請したカード会社は、クレディセゾン関係ばかりでした。ポイントサイトでは、クレディセゾンのカードが割と多く見られたので、ついついあれもこれもと思って、無印カードやロフトカードなど7つほど申請しました。でも、全部審査落ちしたと思います。原因は、申請のしすぎもあったんじゃないかと思います。それから、もしかしたら、他のカードで、以前クレジットの引き落としに入金が間に合わなくて、何度か遅れて引き落としをしてもらったことがあったので、そのせいかもしれないな、と思っています。逆に、審査にすぐに通ったのは、オリコカードです。このカードは、審査がゆるい、という評判がネットでも見かけられたんですが、本当に簡単に作ることが出来ました。出来上がって発行されるのも、とても早かったように思います。オリコカードの系列のものは、これまで審査落ちした経験がありません。退会も、割と簡単にできたと思います。

クレジットカードの審査が意外とハードルが高い

おそらく普通の人が普通に会社員として働いているとクレジットカードは比較的簡単に取得できると思います。しかし、いろんな支払いに延滞したことがあったり、仕事がはっきりせず安定しないとなかなかクレジットカードの審査に通りにくいということがあります。支払いの延滞として光熱水道料や、携帯電話の通信料、授業料、医療費、家賃など様々ありますがどこからかカード会社に情報が行くとクレジットカードの審査に大きく影響します。それを知らずに延滞癖がついていると、いざクレジットカードを作るときになかなか審査が通らずに苦労することになります。

クレジットカードの審査で利用される属性って何

クレジットカードを持ちたいと思ったら、避けて通る事が出来ないのがカード審査です。
中にはこのカード審査で落ちてしまう人もいます。
クレジットカードでは、どのような点が審査の対象となるか覚えておきましょう。

クレジットカードの審査では、属性というものが非常に重要となります。
属性とは何か、通常の生活をしている上では自分の属性について考えた事がないでしょう。

属性というのは、職業や年収、勤続年数や居住形態などを指します。
この属性が良いほどクレジットカードの審査には通りやすくなります。
高く評価される属性とは、公務員や大手企業などの安定した職業や高年収などで、勤続年数も長い程評価が高くなります。
いってみれば、ステータスが高ければ高いほど属性も高くなるのです。
言い方は悪いですが、この属性によってカードの申込み者の品定めをしてから、クレジットカードを発行します。

ただし、クレジットカードの場合はこの属性が高くなくとも借金や他のクレジットカードでの返済トラブルがなければ、審査に通る事が多いので必要以上に属性のレベルを心配する必要はありません。

審査に落ちる場合は、属性の低さよりも過去の金融トラブルが原因である事がほとんどですから、その点に注意しましょう。

クレジットカードの支払いを滞納したことがあります。

便利なクレジットカードを使い過ぎて、支払いができなくなって滞納したことがあります。
利用代金の引き落としができなくなると、電話がかかってきます。
そこで、支払いができないことを伝えると、今月は利子の支払いだけ行えば問題ないと対応してもらったことがあります。
その時はリボ払いの利子の5000円だけを支払って難を逃れました。
クレジットカードは本当に使いやすくて、お金がなくても買い物ができてしまうので計画を持って利用しないと、迷惑をかけてしまう事になってしまいます。
これからはクレジットカードは余裕の範囲内で使っていこうと思っています。

使えないところの多いクレジットカード

我が家のメインクレジットカードはアメリカンエキスプレスです。
世界ではとても便利なこのクレジットカードですが、日本では
まだまだ使えないところも多く、少し不便です。

先日、新しくできたユニクロでアメリカンエキスプレスを使おうと
したら、まだ登録できていないから使えないと断られました。

ネット通販でもアメリカンエキスプレスは選べないところがとても多いのです。
保証もしっかりしているし、安心して使うことができるはずの
アメリカンエキスプレスなので、もっともっと日本でも普及させて
いってほしいです。

日本での利用者数が増えると、使えるところも増えてくると
思います。たくさんの人に使ってほしいです。

テレビのコマーシャルがきっかけで作ってみたクレジットカード

テレビのコマーシャルを拝見していると、クレジットカードのコマーシャルを結構頻繁に目撃していました。実はこれまで1枚もクレジットカードを持っていなかったので、良い機会だと考えまして、作成に至ったのです。

実際に使用してみて感じたのは、クレジットカードは機能がたくさんあるということです。現金の代わりとして支払いに利用できるほか、申し込みをすれあキャッシングをすることも可能ですし、使用した金額に応じてポイントを得ることができるなど、テレビのクレジットカードのコマーシャルは、私にとって良いきっかけとなりました。

クレジットカードを使うのが怖くなることがあります

最近はネット上の様々な場面で、クレジットカードで決済が出来るようになっています。
クレジットカードなら簡単な手続きで、色々な商品やサービスを購入する事が出来ますから、とても便利でありがたいと思っています。
ですがその一方で、クレジットカードを使う事を躊躇してしまう事があります。
なぜならネット上でクレジットカードの情報を入力すると、その情報を盗んで悪用する人が居るからです。
クレジットカードは便利なだけに悪用される危険性が高く、安心して気軽に使えない事があるのです。
とはいえクレジットカードの便利な生活を味わってしまいましたから、今更やめる事はできませんから、クレジットカードが悪用されないようにセキュリティを高めてほしいと思います.

リボ払いは選択しないようにしています

クレジトカードは便利なものだと思っています。特に、ネット通販などでの決済の方法として、よく利用しています。ただし、わたしの場合、ひとつ決めていることがあります。それは、リボ払いは選択しないということです。なぜかというと、リボ払いは、金利が発生してしまうからです。結果として、出費が増えてしまうのです。また、支払いもずっと続いてしまいます。そのため、高額なものを購入する時には、まずはお金をためてから、クレジットカードで一括払いで決済するようにしています。そうすれば、金利も発生しません。そして、ポイントの恩恵も得ることができると思います。