クレジットカードが1枚あれば決済が楽

消費税が8%に増税されたことにより、クレジットカードの必要性はかなり増してきていると思います。なぜならば、消費税が増税されたということは、それだけ1円玉を使う機会が多くなり、前よりもますます小銭で決済する機会が増えたからです。

ちなみに、クレジットカード作り方は、とてもシンプルです。気に入ったクレジットカードがあれば、HPから申込みすれば完了ですね。

さて、1円玉や5円玉や10円玉を多く使って決済をするのは本当に面倒です。レジで首尾よく財布からすぐに小銭が取り出せれば別に不満もありませんが、財布の中の小銭をジャラジャラと探すのはとても時間がかかりますし、ピッタリとした金額を払うことに対して夢中になるのは何だかみっともないような感じもします。

ですから、もしも会計金額が端数になってしまって小銭で払うのが面倒くさそうな場合は、クレジットカードで決済をすることにより、そのストレスをかなり軽減させることができます。クレジットカードならば、面倒な手続きはほぼすることなくただ1枚のクレジットカードを提示すればそれで良いのですから、1円玉などの小銭に煩わしい思いをさせられることはありません。

買い物は毎日のことですから、ほんのちょっとのことでもストレスを溜めないことはとても大事ですし、クレジットカードを上手く使いこなすことで小銭を扱うストレスから解放されます。ですので、これからもクレジットカードを存分に活用していきたいです。

クレジットカードはメリットデメリットが潜んでいる

私は買い物をする際、基本的にクレジットカードを使用します。
その理由はポイントを貯めたいからです。

単純に現金で買い物をするよりも、クレジットカードを使用したほうが断然お得です。
現在使用しているクレジットカードは、約100万円使用すると、1万円分のギフト券に還元できます。
正直還元率はよくないと感じており、年間にして約3万円くらいにしかなりませんが、
普段の生活で発生する支出を現金ではなく、クレジットカードにするだけで3万円の商品券がもらえるのなら、
やはりクレジットカードを使用したほうがお得です。

しかし、私のように何でもかんでもクレジットカードで決裁することは、人によっては大変大きなリスクを伴います。
クレジットカードは手持ちのお金が無くなるわけではないので、使用したことを覚えていないケースが多いです。
そのため、人によっては、クレジットカードの使用によって、必要以上にお金を使いすぎていた、ということも頻繁に発生します。

もし、クレジットカードを多用するのであれば、定期的にクレジットカードでいくら使ったのか確認することが重要です。
私は必ず明細をもらい、1週間毎にどれだけ使用したのか、確認します。
1か月に使用できるお金を決めているので、その額を1週間で割って、使用限度額を決めています。
クレジットカードは便利な反面危険も潜んでいるので、使用方法には注意が必要です。